Junko Kimura

木村 純子
法政大学経営学部市場経営学科 教授

出身地
大阪府
経歴

神戸女学院大学文学部卒業

ニューヨーク州立大学大学院コミュニケーション研究科修士課程修了(MA)

神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了(商学修士)

神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了

博士(商学)

ヴェネツィア大学客員教授(2012/09~2014/08)

農林水産省の地理的表示登録における学識経験者(総合検討委員)

研究テーマ
地理的表示保護制度、農産物マーケティング、地域活性化
資格

イタリア政府認定AISイタリアワインソムリエ

AISOイタリアオリーブオイルソムリエ

趣味
オペラ、乗馬
一言
「頭を使え、汗をかけ、愛を知れ」がゼミのモットーです。
関連リンク
2018.06.15
シンポジウム「近未来のマーケティング戦略~『デジタル破壊』の時代に何が起きるか~」
https://www.hosei.ac.jp/koho/photo/2018/180628.html

2017.11.24
国際シンポジウム「地理的表示制度と経済連携協定-EU、イタリア、および日本におけるGIの実践と効果-」
https://www.hosei.ac.jp/koho/photo/2017/171225_1.html

2017.02.26
シンポジウム「ブランドとグローバルエコノミー ―ブランド戦略の変容―」
http://www.hosei.ac.jp/koho/photo/2016/170329.html

2016.03.14
国際シンポジウム「「異文化間の知識移転-イタリアのマネジメントに学ぶ日本経済活性化-」
http://www.hosei.ac.jp/koho/photo/2015/150401.html

2009.03.20
スイス連邦工科大学チューリッヒ校のMBA学生が本学を訪問、「HOSEI ETH Joint MBA-Seminar」を実施
http://www.hosei.ac.jp/hosei/koho/photo/554.html

2007.09.27
国際シンポジウム「現代消費への省察~ラグジュアリー・所有・インターネット~」を開催
http://www.hosei.ac.jp/hosei/koho/photo/296.html
業績(抜粋)
【2018年】
(1) Hirata, Masahiro., Kimura, Junko., Ueda, Takaho., Barattin, Tanja. (2018) “Milk Processing System in Barbasia of Sardinia (Italy), Mediterranean Area,” Milk Science, 67(1).
(2) Defrancesco, Edi. & Kimura, Junko. (2018) “Are Geographical Indications (GIs) effective value-adding tools for traditional food? Insights from the new-born Japanese GIs system,” presented at 13th International European Forum (Igls-Forum) (169thEAAE Seminar) on System Dynamics and Innovation in Food Networks, February 7, 2018.
(3) Hirata, Masahiro, Kimura, Junko., Barattin, Tanja. (2018) “Characteristics and Development of Matured Hard Cheese from the Dolomites Mountain Region in Northern Italy,” Milk Science, 67(1), pp1-14
(4) Kimura, Junko., Zolin, Bruna., Mazzarolo, Martina (forthcoming) “Is the EU-Japan EPA a “stumbling block or a stepping stone” toward multilateralism? The case of Geographical Indications for food and beverages,” 23rd International Euro-Asia Research Conference, presented on June 22, 2018.

【2017年】
(1)木村純子(2017)「地理的表示制度と効果に関する研究」『乳業技術』No.67
(2)木村純子・平田昌弘(2017)「乳製品の社会経済的発展に関する日欧比較研究-知の創造と文化との関係を手がかりに-」『平成27年度「乳の学術連合」学術研究報告書』
(3)木村純子(2017)「日本におけるGIの実践と効果」法政大学イノベーション・マネジメント研究センター国際シンポジウム『地理的表示制度と経済連携協定-EU、イタリア、および日本におけるGIの実践と効果-』2017年11月24日
(4) Kimura, Junko. (2017) “Introduction of Geographical Indications (GIs) in Japan,” Conferences GI in EU and Japan, Master Food Identity ESA, presented on September 2017.
(5)「地理的表示による農林水産物・食品の付加価値創出:日本GIの事例」『日本マーケティング学会ワーキングペーパー』3(12), 1-20.
(6)Kimura, Junko., Defrancesco, Edi (2017) “Are Geographical Indications (GIs) Effective Value-Adding Tools for Traditional Food?,” 法政大学イノベーション・マネジメント研究センターワーキングペーパー, 171, 1-20.

【2015年】
(1)平田昌弘・木村純子・内田健治・元島英雅(2015)「熟成チーズの発達史論考:南ヨーロッパ・イタリア北部における事例を通じて」『日本畜産学会報』第86 巻第1 号,p1-11. (査読有)
(2)Kimura, Junko.(2015) “GI Management Strategies: Cases in Japan,” 1st International Conference of the Food Origin and Identity Network、Local Food Products: Just Tradition or a Modern Tool for Sustainable Development?, at Uiversità Cattolica del S. Cuore, Piacenza, September 8, 2015, 招待講演.
(3) Kimura, Junko.(2015) “Issues of Japan GIs: Case of Tokachi Fresh Cheese,” Association of European Regions for Origin Products (AREPO)、Innovating and Organizing Research, Education and Training for Sustainable GIs, at Expo Milano 2015 EU Pavilion, September 11, 2015, 招待講演.
(4)Kimura, Junko. & Defrancesco, Edi.(2015) “Impact of Regional Collective Trademarks on Farms: Japanese Experiences,” 2nd International Conference on Agriculture in an Urbanizing Society: Reconnecting Agriculture and Food Chains to Societal Needs, 分科会Regional Branding and Local Agrifood Systems: Strategies, Governance, and Impacts at Tre University, Rome, September 14, 2015.(査読有)
(5)平田昌弘・辻貴志・内田健治・元島英雅・木村純子(2015)「非乳文化圏フィリピンへの乳文化の浸透・変遷形態-セブ州マクタン島コルドヴァ町の漁民世帯の事例から-」『Milk Science』64(3) 191-199.(査読有)
(6)木村純子(2015)「乳を取り込んだ食に関わる教育活動の実態と効果:イタリアの事例」『平成25 年度食と教育学術研究・研究報告書』乳の学術連合,87-131.(査読無)

【2014年】
(1)木村純子(2014a)「ワイン・クラスターの競争優位:イタリアDOCルガーナの自立した戦略」『イノベーション・マネジメント』Vol.11, 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター,55-76.
(2)木村純子(2014b)「イタリア人の食実践の参与観察フィールドノート」『ワーキングペーパー』No.150, 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター.

(3)木村純子(2014c)「起業家の自己実現:イタリアの農産加工生産者の事例」『ワーキングペーパー』no.151, 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター.

(4)木村純子(2014d)「生産者価値の自己創出:競争優位性としてのテリトリオ」『ワーキングペーパー』No.152, 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター.

(5)木村純子(2014e)「農産物マーケティングに関する序論的考察:分析概念としてのテリトリオ」『ワーキングペーパー』No.153, 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター.

(6)木村純子(2014f)「地理的表示産品のマネジメント: DOP品質保護協会の機能」『経営志林』51巻1号,83-97.
(6)平田昌弘・木村純子・内田健治・元島英雅(近刊)「熟成チーズの発達史論考:南ヨーロッパ・イタリア北部における事例を通じて」『日本畜産学会報』

【2013年】
(1)木村純子(2013a)「家族消費論:イタリアのFamily Gathering の参与観察」『経営志林』49 巻4 号,113-120.
(2)木村純子(2013b)「酪農加工品の価値創造:パルミジャーノ・レッジャーノチーズの事例」『経営志林』50巻1号, 65-82.
(3)木村純子(2013c)「食料産業クラスターの協調的価値創造:パルマワインの事例」『経営志林』50 巻1 号,129-142.
(4)木村純子(2013d)「イタリアにおける食の消費価値」『経営志林』50巻2号,35-49.
(5)木村純子(2013e)「食育のための連携体制の構築:パルミジャーノ・レッジャーノチーズの事例」『経営志林』50巻2号,71-92.
(6)木村純子(2013f)「食育活動とテリトリオ:イタリア・カンパーニャ州の教育農場の事例」『ワーキングペーパー』No.147, 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター.

(7)木村純子(2013g)「テリトリオ農産品の構成要素:イタリアの食育活動における言説を手がかりに」『ワーキングペーパー』No.148, 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター.

(8)木村純子(2013h)「地理的表示保護産品の特徴と地理的原産地とのつながり:イタリアのGI産品を手がかりに」『経営志林』50巻3号,79-106.

【2012年】
(1)Kimura, Junko. "Is There a Santa Claus? Authentic Christmas and Materialism," Cele Otnes, (ed.) Legens in Consumer Behavior Volume 7: Gift-Giving, Sharing, and Consumption Holidays, Sage Publishing, 近刊。
(2)Kimura, Junko. & Sakashita, Mototaka. "Mother Possessing Daughter: Dual Roles of Extended Self," Russell Belk and Ayalla Ruvio (eds.), Identity and Consumption, Routledge, 近刊。
(3)Sakashita, Mototaka. & Kimura, Junko. "Daughter as Mother's Extended Self,"European Advances in Consumer Research, Volume9, 近刊。
(4)Tanaka, Hiroshi. and Kimura, Junko. "Japanese Tea Ceremony as Luxury," Advances in Consumer Research, Volume 38, 近刊。
(5)木村純子(2012)「Sugamo Shinkin Bank」『慶應義塾大学ビジネススクール・ケース』91-12-15345。
(6)Kimura, Junko. "Creation of Authentic Culture: Reexamination on Hyperreality Concept," 『経営志林』第49巻第1号、近刊。
(7)木村純子・坂下玄哲「ファッション購買意思決定への家族からの影響に関する考察:拡張自己概念を手がかりに」『経営志林』第49巻第2号、近刊。
(8)手塚利男・木村純子「第4章組織コミットメントと組織文化の改革」『ビジネス心理ハンドブック2:マネジメント心理編』中央経済社、近刊。

【2011年】
(1)坂下玄哲・木村純子(2011)「母娘の関係性を読み解く:カタログショッピングにおけるコミュニケーションを手がかりに」『季刊マーケティングジャーナル』Vol.30 No.3, pp19-34。
(2)木村純子・坂下玄哲(2011)「Mother-Daughter Consumption in Japan」『法政大学イノベーションマネジメント研究センター・ワーキングペーパー』第114号。
(3)木村純子(2011)「牧場体験を通じた価値構築過程に関する研究」『独立行政法人農畜産業振興機構平成22年度牛乳乳製品消費拡大特別事業』
(4)Tanaka, Hiroshi. & Kimura, Junko (2011) "Tea for Two,"Zhihong Yi, Jing Jian Xiao, June Cotte, and Linda Price, (eds.) Asia-Pacific Advances in Consumer Research, volume 9, p2.

【2010年】
(1)Kang, Jikyeong., Heath, M. Teresa. Tynan, Caroline., Ennew, Christine T., Weisfeld-Spolter, Suri., Thakkar Maneesh., Pusaksrikit, Theeranuch., Kimura, Junko. and Fukui, Yoko (2010), " Self-Gifting:What Could This Mean For Me?" Developments in Marketing Science,Volume 32, Deeter-Scumelz, Dawn R. (ed), p37.
(2)Tanaka , Hiroshi. and Kimura, Junko (2010), "Restrained Pursuit of Luxury: Wealthy Shanghainese Attitudes Towards Upscale Consumption, Advances in Consumer Research, Volume 37, p593.
(3)Kimura, Junko. & Sakashita, Mototaka. (2010),"When Daughters Become Mothers' Extended Selves: Daughters'Conflict Between Their Own Ideal Selves and Mothers'Expectations,"presented at Consumer Culture Theory 5th Annual Conference at University of Wisconsin-Madison.
(4)木村純子・田中洋(2010)「ラグジュアリの意味生成-茶会におけるもてなしを手がかりに-」『経営志林』第47巻第1号、95‐112。

【2009年】
(1)木村純子・坂下玄哲(2009)「カタログショッピングにおける購買意思決定プロセスに関する研究-同伴者による比較-」『経営志林』第46巻第1号、法政大学経営学会、pp13-33。
(2)木村純子・坂下玄哲(近刊)「理想自己の決定主体-母娘関係と友人関係のノンバーバル・コミュニケーション比較-」『経営志林』第46巻第2号、法政大学経営学会。
(3)木村純子(2009)「書評:Russell W. Belk (ed) Handbook of Qualitative Research Methods in Marketing」『消費者行動研究』第15巻第1号、59-70。
(4)木村純子(2009)「若者の消費行動」『公明』第44号。
(5)Kimura, Junko. and Tanaka, Hiroshi. (2009) "Binomial Structure in Luxury: Analyzing Overseas Trip Experiences of Japanese Well-to-dos," Advances in Consumer Research, Volume 36, Ann L. McGill and Sharon Shavitt (eds), MN : Association for Consumer Research, pp805-806]
(6)Kimura, Junko. and Sakashita, Mototaka. (2009) "Interpersonal Relationship and Its Influence on Shopping in Japan: Friend versus Mother," presented at Consumer Culture Theory 4th Annual Conference, University of Michigan, June 12, 2009.

【2008年】
(1)木村純子(2008)「巣鴨信用金庫」『慶應義塾大学ビジネススクール・ケース』90-08-7086。
(2)木村純子(2008)「株式会社クオカプランニング」『慶應義塾大学ビジネススクール・ケース』90-08-15302。
(3)木村純子(2008)「株式会社大地を守る会」『慶應義塾大学ビジネススクール・ケース』90-08-15303。
(4)木村純子(2008)「牛乳の需要拡大のための情報体験消費」『平成19年度消費流通構造調査検討会報告書』社団法人日本酪農乳業協会。
(5)Belk, Russell W. and Bahl, Shalini., Kimura, Junko., Min, Hyun Jeong. and Li, Eric P.H. (2008) "Skin Lightening and Beauty in Four Asian Cultures," Advances in Consumer Research, Volume 35, Angela Y. Lee and Dilip Soman, Duluth (eds), MN : Association for Consumer Research, pp444-449.
(6)Kimura, Junko. and Tanaka, Hiroshi. (2008) "Luxury Value Pyramid: What are the Dimensions of Luxury?," Advances in Consumer Research, Volume 35, Angela Y. Lee and Dilip Soman, Duluth (eds), MN : Association for Consumer Research, p879.
(7)Kimura, Junko. and Tanaka, Hiroshi. (2008) "Products Make Your Life Luxurious," European Advances in Consumer Research, Volume 8, Stefania Borghini, Mary Ann McGrath & Cele C. Otnes. (eds), Association for Consumer Research, p6.
(8)Belk, Russell W.&木村純子(2008)「消費文化理論と他の消費者モデルとの比較検討」日本商業学会第58回全国大会、法政大学、2008年5月31日。
(9)Belk, Russell W., Kimura, Junko. and Zhao, Xin. (2008) "Christmas as Global Consumption Ritual?: A Comparison of Japan and China," presented at Consumer Culture Theory 3rd Annual Conference, Boston, June 21, 2008.

【2007年】
(1)木村純子(2007)「大学生の牛乳飲用の現状と受容拡大の可能性-若者と母親のコミュニケーションに着目して-」『平成18年度消費流通構造調査検討会報告書』社団法人日本酪農乳業協会。
(2)木村純子・田中洋(2007)「ゴージャス消費の意味と形に関する理論的・経験的研究-豪華消費に関する日米比較調査-」『平成18年度(第40次)助成研究集』財団法人吉田秀雄記念事業財団、pp57-67。
(3)Kimura, Junko. and Tanaka, Hiroshi. (2007) "What's Gorgeous Consumption?," Advances in Consumer Research, Volume 34, Gavan J. Fitzsimons & Vicki G. Morwitz. (eds) ,Association for Consumer Research, p.13.
(4)Kimura, Junko. (2007) "What is Authentic Culture? Hyperreality Strategy at Santa Village in Finland," Margaret Craig Lees, Gary Gregory and Teresa Davis. (eds) Asia Pacific Advances in Consumer Research, Volume 7, p.426.
(5)Belk, Russell W. and Bahl, Shalini., Kimura, Junko., Min, Hyun Jeong. and Li, Eric P.H. (2007) "Consuming Whiteness in Asia," presented at Consumer Culture Theory 2nd Annual Conference, Toronto, May 26, 2007.

【2006年】
(1)木村純子(2006)「巣鴨信用金庫のサービス・マーケティング」「補論マーケティング戦略の基礎」住谷宏編著『地域金融機関のサービス・マーケティング』近代セールス社。
(2)木村純子(2006)「消費者行動」西尾チヅル編著『マーケティングの基礎と潮流』八千代出版。
(3)木村純子(2006)「顧客満足を高めるオペレーション戦略」経営能力開発センター編『経営学検定試験公式テキスト3』中央経済社。
(4)木村純子・田中洋(2006)「新興富裕層(ニューリッチ)の誕生-お金持ちはどういう人でどういう消費をしているのか-」『異文化経営研究』第3号、pp13-28。
(5)Kimura, Junko. (2006) "Creation of Authentic Culture in Tour Destination: Reexamination of Hyperreality Concept," Tsukuba-Tohoku Joint Workshop on New Directions of Research in Marketing (proceedings), pp269-270
(6)Kimura, Junko. (2006) "Emergence and Change of Consumer Product Image in Social Constructionism Perspective", Creating Images and the Psychology of Marketing Communication. Lynn R. Kahle & Chung-Hyun Kim (eds). New Jersey: Lawrence Erlbaum Associates, Inc, pp47-64.
(7)Kimura, Junko. (2006) "What Do Consumers Consume in Santa? A Comparative Study of Santa Claus in Scandinavia," Advances in Consumer Research, Volume 33, p7.
(8)木村純子(2006)観光地における文化の真正性の構築:アメリカの空間戦略を利用したフィンランドのケース」日本商業学会関東部会3月定例研究会、日本大学、2006年3月18日。
(9)木村純子(2006)「金融ホスピタリティ業の非効率サービス-巣鴨信用金庫の事例-」日本商業学会関東部会11月定例研究会、青山学院大学、2006年11月25日。

【2005年】
(1)木村純子「商業サイトのネット・コミュニティにおける消費者間コミュニケーション」『経営志林』第43巻第1号、法政大学経営学会、pp57-74。
(2)Kimura, Junko. and Belk, Russell W. (2005) "Christmas in Japan: Globalization versus Localization," Consumption, Markets and Culture, Volume 8, pp347-360.
(3)Kimura, Junko. and Belk, Russell W. (2005) "Santa Claus Is Coming to Town: Assimilation of Christmas in Japan," Advances in Consumer Research, Volume 32, pp6-8.
(4)Kimura, Junko. and Belk, Russell W. (2005) "Christmas in Japan: A Globalized and Domesticated Consumption Holiday," Asia Pacific Advances in Consumer Research, Volume.6, Association for Consumer Research, p356.
(5)木村純子(2005)「観光マーケティングとアメリカナイゼーション-北欧サンタクロース村のケース-」日本商業学会第55回全国大会、桃山学院大学、2005年5月29日。
(6)Russell W. Belk&木村純子(2005)「消費文化の受容過程-グローバライゼーションとローカライゼーション-」第30回消費者行動研究学会、2005年6月5日。

【2004年】
(1)木村純子&ラッセル・ベルク(2004)「消費文化の受容過程の再検討-日本のクリスマス消費に見る文化の再生産-」『流通研究』第7巻第2号、pp39-55。
(2)Muller, Thomas E. and Kimura, Junko. (2003) "Learning to Survive as a Consumer in Japan: Linguistic Illiteracy in a Cross-Cultural Setting", Advances in Consumer Research, Volume 31, Association for Consumer Research, p12.
(3)木村純子(2004)「消費文化の政治学-クリスマス消費に見るアメリカナイゼーション-」第29回消費者行動研究学会、早稲田大学、2004年11月20日。

【2003年】
(1)Kimura, Junko. (2003) "Marketing and the Emergence of Consumption Culture in Social Constructionism Perspective: Christmas Consumption in Japan, 1900-2000," presented at Conference on Historical Analysis in Research and Marketing, Association for Historical Research in Marketing, East Lansing, Michigan, May 2003.
(2)Kimura, Junko. (2003) "Advertising and the Emergence of Consumer Product Image in Social Constructionism Perspective: Christmas Consumption in Japan, 1900-2000," presented at Society for Consumer Psychology and the Korean Marketing Association, Seoul, Korea, June 2003.
(3)Kimura, Junko. (2003) "Marketing and the Emergence of the Consumption Culture in a Social Constructionism Perspective: Christmas Cake in Japan," presented at Society for Consumer Psychology Summer Conference, Toronto, Ontario, Canada, July 2003.
【2001年】
(1)木村純子(2001)「クリスマス消費の変容に関する研究-構築主義的アプローチによる理解-」神戸大学大学院経営学研究科博士学位論文。
(2)木村純子(2001)「コミュニケーションの意味生成理解に向けて」石井淳蔵編『現代経営学講座11マーケティング』八千代出版、pp85-101。
(3)木村純子(2001)『構築主義の消費論』千倉書房。
(4)木村純子(2001)「構築主義の消費論-クリスマス消費の理解を通して-」日本商業学会関西部会、2001年10月。

【1999年】
(1)木村純子(1998)「コミュニケーションとしてのギフト」石井淳蔵・石原武政編『マーケティング・ダイアログ』白桃書房、pp167-187。
(2)木村純子(1998)「もらって嬉しいギフト」の生成-ミクロとマクロのリンケージ-」『マーケティング・ジャーナル』第75号、pp38-48。
(3)木村純子(1999)「コミュニケーションとしてのギフト-ミクロとマクロのリンケージ-」日本商業学会関西部会関西ジュニアセッション、1999年12月。

【1998年】
(1)木村純子(1998)「ギフト研究の再検討-コミュニケーション論の視点から-」神戸大学大学院経営学研究科修士論文。
(2)木村純子(1998)「カテゴリー・マネジメントの生成」石井淳蔵・石原武政編『マーケティング・インタフェイス』白桃書房、pp93-107。
(3)木村純子(1998)「ギフトとコミュニケーション」『マーケティング・ジャーナル』第68号、pp79-88。

【競争的資金による研究課題】
(1)「ギフト市場における広告マネジメントのあり方-ギフトの意味生成メカニズムに関する実証的研究を手がかりに-」『平成11年度(第33次)財団法人吉田秀雄記念事業財団研究助成』。
(2)「商業サイトのネット・コミュニティにおけるコミュニケーションのあり方と企業のマネジメントに関する研究」『平成15年度財団法人社会経済生産性本部生産性研究助成』
(3)「消費文化のグローバル化・ローカル化・およびハイブリッド化に関する研究-アメリカと日本におけるクリスマス消費の比較研究-」『平成16年~17年度科学研究費補助金基盤研究C』。
(4)「ゴージャス消費の意味と形に関する理論的・経験的研究-豪華消費に関する日米比較調査-」『平成18年度(第40次)財団法人吉田秀雄記念事業財団研究助成』。
(5)「高度化社会における新しい消費スタイルに関する研究-贅沢消費の日米比較-」『平成19~21年度科学研究費補助金基盤研究C』。
(6)「消費文化の変容に関する研究-日本・アメリカ・アジアの国際比較研究-」『平成19年度21世紀財団文化学術財団学術奨励金。
(7)「牧場体験を通じた価値構築過程に関する研究」『独立行政法人農畜産業振興機構平成22年度牛乳乳製品消費拡大特別事業』
(8)「21世紀の消費文化の変容に関する研究」『2010年度~2012年度科学研究費補助金基盤研究C』
(9)「消費行動における自己概念の役割に関する国際比較研究:消費者間の関係性を手がかりに」『2011年度~2013年度科学研究費補助金基盤研究B(海外)』
(10)「「乳」を取り込んだ食に関わる教育活動の実態と効果:イタリアと日本の国際比較」『一般社団法人JMILK 平成25 年度「食と教育」学術研究』
(11)「「乳」を取り込んだ食に関わる教育活動の実態と効果:ヨーロッパと日本の国際比較」『一般社団法人JMILK 平成26 年度「食と教育」学術研究』
(12)「乳製品の社会経済的発展に関する日欧比較研究 -知の創造と文化との関係を手がかりに-」『一般社団法人JMILK 平成27 年度「社会文化」学術研究』
(13)「農産物および農産加工品の競争優位性を活用した地域活性化に関する研究」『公益財団法人アサヒグループ学術振興財団2015年度学術研究助成』
(14)「農産物を通じた地域活性化の発生論理―地理的表示産品の影響に関する国際比較研究―」『2014年度~2016年度科学研究費補助金基盤研究C』
(15)「21世紀型農業経営のモデル創出に関する研究―乳文化産業の日欧比較―」『2016年度~2018年度科学研究費補助金基盤研究B(海外)』